近頃は、塗る日焼け止めから、飲む日焼け止めにシフトすることが今流行りのといわれています。
飲む日焼け止め?? ホントに効果あるの?

飲む日焼け止め

効き目のほどは?

ちょこっと気になるので、試みたいですね。

調べてみたら、かなり種類がでておりまして、効き目次第では今後の中心としてもなりそうです。

 

日焼け止めは面倒、夏の熱い頃はとりわけ、べたべたとの闘い

塗って、汗かいて、また塗って

こういった面倒くさいことから開放されたとしたらとても良いですよね。

しかしながら飲む日焼け止めというものは、果たして効き目があるのでしょうか?
試してみる以外にありませんね!
しかしそのまえに少しばかり調べてみましょう!

 

飲む日焼け止めとは?

飲む日焼け止めだけだったら、健康美容効果もアップする!?
飲む日焼け止めは、サプリ大国アメリカで今流行っているようです。

アメリカは大半サプリメントの種類が数多くあり、まだ日本とは薬事法などといった取り締まりも緩いため、桁外れの数のサプリメントが発売されていて、まさにサプリ先進国と言った感じです、日本では購入できないメラトニンやピルに関しても誰でもドラッグストアやコンビニで購入することができたりします。

飲む日焼け止めに関しましては、日本の薬事薬価法ではどんな感じなの?

まだ飲む日焼け止めって耳新しいだと言えますが、その代わりよく理解した上で、ある程度知識をつけてから使ってみたいと思いますよね。

そこでもう少し調査したことを書かせていだだきます。
飲む日焼け止めの主成分は主なもので2種類あります。

ニュートロックスサンとファーンブロックです。

このうち国産品のものは全部ニュートロックスサンのもので、ファーンブロックは輸入販売品限定となりますので、日本の薬事薬価法で認可されているのはニュートロックスサンのみとも考えられます。
自分は毎回のことですが塗る日焼け止めの紫外線対策にある疑問を持っており、太陽の光の効果、例えばビタミンDとかハッピーホルモンの、セロトニンとかは太陽光線を一日のうち一定時間浴びる必要があるので直射日光を完璧にカットするのはどうしても健康的でないといった気がしていました。

POLCという商品の販売サイトにはそういった疑問に、完全に思った通りと思わせてくれるものがあり、とても関心をもっています。

 

結局日焼けでダントツにデメリットなのはメラニン色素が拡がってシミの原因になってしまうサンタンでそれは日焼けして数日後から皮膚の細胞内にストックしてゆくらしく、一番の問題となっているのは活性酸素。この活性酸素に負けない身体の中からの防御効果をアップさせくれるのが飲む日焼け止めであるのだそうです。

 

飲む日焼け止めの効果とは?

肌のデリケートな欧米人のために産み出されたサプリメント飲む日焼け止めサプリメントが流行しだしているとのことです。

「飲む日焼け止め」用に配合されたサプリメントは本場アメリカからはじまり、日本においても国内市場流通で売られるようになりました。
これまでは肌の弱い欧米人(白人)の為に産み出されたということです。白人系の人は老化とともに顔や腕に斑点状のシミがたくさん出てきます。この一因として考えられるのは一つには太陽光に含まれる紫外線に弱い体質と言われており、紫外線対策についての考えがひと際高いようです。他にも別の背景にあるのは飲料水だと言われています。

まとめると「飲む日焼け止め」というのは、紫外線を浴びて日焼けすることによって、数日後から皮膚内に蓄積できる、シミのもととなるメラニン色素や、シワの原因となっている角質層コラーゲンの破壊を身体の中から駆逐出来るような体作りを手助けするものとのことです。

ここで一番の支障を来すのは活性酸素、活性酸素が身体の中で増加すると、体の酸化を引き起こして、日焼けによるシミやシワの防止に悪影響を与えるのだそうです。

このような活性酸素の悪さを抑制するのが、抗酸化作用が備わっている食品などの栄養素なんです。

要するに抗酸化作用のある食品を取れば、飲む日焼け止め効果は手にできるのではと想定されるのです。
抗酸化作用の大きい食材としては、近頃人気を博しているアサイー、アスタキサンチンが含まれた紅鮭、海老、鯛、イクラなど、次いで紫系の色素をもつ野菜・果物などです。

これらを含む抗酸化作用が備わっている食事を主体として、「飲む日焼け止め」サプリメントを使う場合でもあくま、補助的に…例えば、十分な抗酸化食品を取れない朝などに摂取するなどするということが良いかと思います。

塗る日焼け止めは、お肌にダメージをもたらすのははっきりとしているので、可能であるなら使わないで、太陽光の健康効果の恩恵にも預かりたいということがベストですね。

 

飲む日焼け止めのネット販売

ネットショッピングは非常に効果的ですが、サプリメントなどといった美容関連のものを購入するときは、ちょっとした注意が必要です。

「飲む日焼け止め」もそうですが、初回料金が安い価格で設定されていても、定期購入が条件(最低6ヶ月継続等)であったりしますので、「お試し」のつもりが、のちのちびっくりなんてこともあるからです。「お試し価格」かどうであるのかはよく確かめてから注文を行なうように気を付けて下さい。

当然これが良い物なら、結局のところお得になるのですが、あなた自身にマッチしなかったりするケースだと、かなりひどい買物に変わってしまいます。

ある程度高いとしても始めは単品で頼んで、そうしてから定期購入を選ぶのが賢いセレクトだと言えそうです。

商品に自信があるなら、少量を「お試し」または「無料」にして提供しても良いだろうとは思うのですが、犯罪利用する輩もいますので、一般的な消費者は迷惑しますよね。

一流企業の化粧品や薬品メーカーならこうした余裕もあるだろうから、なかなか行き詰まる所です。