日焼け止めの印象と言ったら、たくさんの方がお肌に塗ることを想像されると思われます。
現在出回っている日焼け止めの商品の多くは塗るタイプのものでしょう。
しかしながら、近頃では飲む日焼け止めも売られています。最近広まりつつある飲む日焼け止めの効果はどれほどのものなのでしょうか。

飲む日焼け止めの効果は?

飲む日焼け止めはどの位効果があるでしょうか。
紫外線予防の重要な要素として、基本として日光の紫外線を浴びないようにするべきです。
当然、市販されている塗るタイプの日焼け止めも効果的です。
飲む日焼け止めの役割とは、紫外線を浴びてしまったお肌のケアを行うことです。
塗るタイプの日焼け止めを使用していても、太陽光を浴びればわずかでもお肌にトラブルが残ってしまうのです。
飲む日焼け止めには、シミやシワの原因になってしまう光老化を抑える効き目があるので、浴びてしまった紫外線に対して効果が期待できます。
結果としては、飲む日焼け止めと塗るタイプの日焼け止めを併用すれば、しっかりと紫外線を予防することが実現できます。
飲む日焼け止めの成分は?飲む日焼け止めの役どころは、外部からUVを予防するのじゃなく、浴びてしまった紫外線をどのくらい減らすかということです。
したがって、サプリメントと考えるのが規則的で、含有されている成分によって効果もいろいろあるのです。
きちんと飲む日焼け止めの成分を把握するようにし、あなた自身の体質に合っているものを服用するようにすべきです。

ニュートロックスサン

ニュートロックスサンといった成分は、生まれて初めて耳にするという人も多いではないでしょうか。
実際のところそれ程周知されている成分ではなくて、近頃注目を集めるようになったのです。
ニュートロックスサンとは、ローズマリーとシトラスから抽出されたポリフェノールの一種です。
天然由来の成分なので、安全が極めて高いのが特徴だと言えます。
キーポイントとなる効果ですが、紫外線のダメージを50%強抑制することがわかっています。
飲む日焼け止めの役目は太陽光に含まれる紫外線のダメージを軽減するということなので、極めて重要な成分なのがニュートロックスサンです。

フェーンブロック

ニュートロックスサンは割と日本の製品にたくさんあって使用されている成分ですが、フェーンブロックは国外の飲む日焼け止めに数多く扱われている成分です。
もともとは中央アメリカに生息しているシダ植物から抽出されている成分で、特許も取られています。
フェーンブロックは色々な効き目があることがわかっており、大きく分類すると4つあります。
免疫の防御、DNAの保護、抗酸化作用、皮膚構造維持などがあります。
全てがお肌に関する効果ですので、日光の紫外線から受けたダメージを大幅に軽減することが可能になります。
唯一の注意点として、シダ植物はアレルギー性が高いので、体質的にアレルギーな人は医師に依頼してから服用しましょう。
飲む日焼け止めは副作用はあるの?飲む日焼け止めはサプリメントなので、錠剤やカプセルを飲用することになります。
薬ではないですが体の中に入れるので、副作用のことを不安に思う人も多いかも知れません。
天然由来の成分が多い飲む日焼け止めではありますけれど、副作用は存在するのでしょうか。

老化の原因とは?

日焼けすることによるデメリットを認識しておくことが必要です。
ただ単にお肌が日焼けしてしまうこと以外に、日焼けすることによって老化が促進されてしまうということが判っています。
老化には2つの種類があって、年齢と共に自然に老化してしまう生理老化と、日光の紫外線を浴びることにより進んでしまう光老化が存在します。
日光の紫外線の影響は大きく、長時間浴びてしまったらお肌にシミやシワが増えてしまうのです。
そういうわけで、お肌のケアを考える上では、普段から日光の紫外線を予防することが必須です。

基本として副作用の心配はない

飲む日焼け止めなんですけれども、症例としては副作用が問題に見舞われた事例はありません。
現実に服用している人が多くいる中で副作用の症状が出ていないので、現実問題として副作用の心配をする必要はございません。
飲む日焼け止めの中でも評価の高いヘオリケアという商品があり、世界各国で売られています。
幼い子供さんも飲んでいる飲む日焼け止めですが、ヘオリケアを飲用して問題が生じてしまったということはありません。
日本国内においても皮膚科で飲む日焼け止めをお勧めることもありますもので、安全性は非常に高いと考えられます。

完璧に安全性があるとは言えない

飲む日焼け止めはあらゆる国で服用されており、トラブルが生じることは滅多にないことですので、安全性は非常に高いことになります。
しかしながら、シダ植物から抽出した成分を使用している製品もあり、完璧に安全性が保たれているだとは断言できません。
現実に副作用としてなると想定されるのが、シダ植物のアレルギーです。
シダ植物はそばやたまごなどと一緒で、わりとアレルギーが出やすい植物と言われています。
アレルギー体質の人がシダ植物から抽出された成分が含有されている飲む日焼け止めを摂取すると、アレルギーが起きないとは言い切れません。
飲む日焼け止めを飲用して何らかの症状が出た場合には、皮膚科や内科を受診しましょう。

まとめ

結論から言って塗るタイプと飲むタイプの日焼け止めを同時に使うことでより良い結果が期待できます。
体の内側と外側から日焼け対策を実行してみましょう。